<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

WindowsUpdateが失敗する、SSLサイトが閲覧できない→ESETが原因

WindowsVistaを使用しています。
最近SSLサイトが閲覧できなかったりしていました。
そして今日、WindowsUpdateもWindowsサイトにつながらずに失敗するようになりました。

80244004

というエラーコードが表示されていました。


調べてみると、、、
ESET Smart Securityを導入していると発生することが分かりました。

「保護を一時的に無効にする」
「ファイアウォールを一時的に無効にする」

を試しましたが、うまくいかず、さらに調べていくと、こちらのESETサイトに対処方法がありました。

英語サイトですが、簡単にポイントを上げると、
  1. タスクバーのESETアイコンをダブルクリック
  2. 設定画面を開く
  3. 一番下の「詳細設定を表示する...」をクリック
  4. 詳細設定ダイアログの「Webとメール」-「プロトコルフィルタリング」-「SSL」とたどる
  5. SSLプロトコルフィルタリングモードで、「SSLプロトコルを検査しない」にチェックを変更する(ブラウザをひらいている場合は閉じる)

これで、WindowsUpdateできるようになりました。


さらに軽快に!強力になったウイルス対策ソフト!
さらに軽快に!強力になったウイルス対策ソフト!


JUGEMテーマ:コンピュータ
tak-bon * PC関連 * 16:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

IO DATA HDL-A2.0でメール通知


どうやらGmailのSMTPサーバは使えないらしいです。

ThunderbirdでGmailをセットアップすると、
SMTPサーバ:smtp.gmail.com
ポート番号:587
認証方式:通常のパスワード
接続のためのセキュリティ:STARTTLS
と設定されます。

HDL-A2.0のメール通知設定では、使える認証方式が、
SMTP AUTH(PLAIN)
SMTP AUTH(LOGIN)
SMTP AUTH(CRAM-MD5)
が選べます。
あまり詳しく理解していないながらも、それぞれ試していましたが、「SMTPサーバに接続できません」と表示されてはじかれてしまいます。


サポートに問い合わせたところ、

『Gmailのメール設定では、「SMTPs」の設定が必要。本製品は、「TLS1」または「SSL3」等の暗号化通信には対応してい ない』

とのこと。GmailをSMTPサーバにすることはできないみたいです。

仕方がないのでBIGLOBEのメールアカウントを使おうとしましたが、こちらは、465ポートを使用する認証方式であり、これまた設定時にエラーが出てはじかれてしまいます。
うーん。あきらめかけてましたが、昔使っていて無駄に継続利用している(汗)、別のメールアカウントが認証なしでSMTPサーバ利用できることに気づき設定してみたところ、無事に設定完了。

マニュアルによると、文字コードは、「通常はISO-2022-JP」をとありますが、Gmailアドレスへ通知し(SMTPサーバではなく通知先)、Thunderbirdで取り込んでいる場合、なぜか文字化けするので、私は「UTF-8」にしました。

さて、肝心の何が通知されるかですが、
システムログ:LAN DISK 内のログが一定の大きさを超えた場合
お知らせ:マウント失敗、バックアップ、FAN停止、温度異常等
ということみたいです。
システムログ側が曖昧。。。純粋なハードディスク機能はいろいろと充実していますが、もう少しこういったメンテナンス面の充実を期待したいところです。




評価:
---
アイ・オー・データ
¥ 25,777
(2011-12-10)
コメント:高速性がウリのネットワーク型ハードディスク
Amazonランキング: 4774位

JUGEMテーマ:コンピュータ

tak-bon * PC関連 * 05:24 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

LAN接続型ハードディスク(NAS)購入:IO DATA HDL-A2.0

バッファロー製品とかなり迷いましたが、アイ・オー・データ製の高速タイプのものに決めました。

評価:
---
アイ・オー・データ
¥ 25,777
(2011-12-10)
コメント:高速性がウリのネットワーク型ハードディスク
Amazonランキング: 4774位

続きを読む >>
tak-bon * PC関連 * 18:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

さらば「ウイルスバスター」、ようこそ「ESET Smart Security」

JUGEMテーマ:コンピュータ
さらに軽快に!強力になったウイルス対策ソフト!
さらに軽快に!強力になったウイルス対策ソフト!


長年愛用してきました、「ウイルスバスター」に見切りをつけます。

先月ウイルスバスター2010から2012にバージョンアップした後、WEB上での「噂通り」パフォーマンスが悪くなりました。

何が一番気になったのかというと、HDDアクセス。
Moo0というソフトでCPU/メモリ/HDD/ネットワークの状況を画面に常に表示させているのですが、ウイルスバスター2012にアップデートした途端、「coreServiceShell」というプログラムが、HDDアクセスを頻繁にしていて、常にマシンがカリカリ動いている状況です。

CPUやメモリは大して気にはなりませんが、HDDアクセスは非常に気になります。

なんせ、CPUやメモリが壊れるよりも、HDDの方が壊れる可能性が何倍も高いと思っていまして、そのHDDへの負担を強いるようなプログラムが常に動いているのは心配でなりませんでした。

昔はメモリが少ないPC環境だったので、メモリの肥大化は気になっていました。
TrendMicro社もCPU/メモリへのインパクトを極力下げる意味合いで進化させてきたのだと思いますが、メモリ搭載が数GBが当たり前になってきている現在の状況では、退化と見えます。


ウイルス対策ソフトの比較サイト
http://www.the-hikaku.com/security/hikaku.html

を見て「軽さと性能を両立」だという『ESET Smart Security』を試してみることとしました。

試用版をインストールしてみると、当然ながら気になっていたHDDアクセスは皆無。
これで安心してPCライフを送れそうです。


まだウイルスバスターの契約が残っているものの、性能・機能面で特に問題なさそうであれば正式に$を支払おうと思っています。


adios ウイルスバスター!!

さらに軽快に!強力になったウイルス対策ソフト!
さらに軽快に!強力になったウイルス対策ソフト!
tak-bon * PC関連 * 18:39 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ