<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

[本]幸福優位7つの法則 ショーン・エイカー

原題は「The Happiness Advantage」。
「幸福優位」という日本語は、ハッピーな印象が欠けてしまう感がありますが、繰り返し読みたい良い本です。

著者およびその他多くの人の膨大な研究結果によると、
「成功したら幸せになれる」

ではなく、
「幸せが成功を運んでくる」

ということのようです。

「成功したら、地位・名誉・財産が築けて幸せだー」と思うのが多くの人の考えかと思いますが、それをこの本では完全にひっくり返しました。


それでは、なぜ幸せ→成功なのか?


それは、7つの法則の1つ目「ハピネス・アドバンテージ」に詳しく書かれています。
簡単に紹介すると、
幸せとは成し遂げた結果ではなく、自分の可能性を信じて追求し、努力しているときに感じる喜び

なのだそうです。確かに、何かに夢中になる、チャレンジするということは気分が高揚し、充実感があります。達成感は成し遂げた後に感じるものですが、それは苦難を努力で乗り越えたからこそと考えられそうです。

結果よりもプロセスの方が大事。

日々の仕事では、「結果」の成果が求められますが、「プロセス」もきちんと評価されるべきと思います。


他の6つの法則についても備忘録がてら触れておきます。
法則2 心のレバレッジ
 視点を変え、可能性を信じる
法則3 テトリス効果
 ポジティブ思考。3つの良かったことを毎日振り返る。
法則4 再起力
 挫折=成長の機会
法則5 ゾロ・サークル
 小さく始める
法則6 20秒ルール
 さっと始められる環境をつくり、習慣にする。逆に避けたいものは、面倒にする
法則7 ソーシャルへの投資
 パートナー・仲間を大切にする

最後に。帯より
「自分は幸せだ」と思える人ほど、よい結果を生んでいる

起きた事柄は変えられません。できることは、受け止め方を変えること。そういう考えがポジティブ思考を生み出し、苦難を乗り越える力にもなる、という考え方がとても参考になりました。


JUGEMテーマ:読書
 
tak-bon * * 06:08 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

[本]媚びない人生 <- 心が熱くなる本

評価:
ジョン・キム
ダイヤモンド社
¥ 1,365
(2012-05-25)
Amazonランキング: 1140位

「生きる」とはどういうことか。

著者のやさしく、それでも力強く勇気と活力を与えてくれる言葉の数々が心に沁みこんできます。

特に印象的だった内容をピックアップします。


人生の本質は、「未熟」から「成熟」に向かうこと。

つまり、自分らしく成長すること。

そこは、他者の評価は一切介入しない、絶対不可侵領域。

自分らしく成長するために、内面を大切にし、自身に尊敬を持ち、逆境にも立ち向かう勇気と自身の行動結果に対して責任を持ち、ありのままを受け入れ動じない心を持つように心がける。

人が人にとって替わる時代。「超ガラパゴス人材」になるべく、自分の価値を高める。
そのためには、何が問題なのか、何が目的なのか、を見つめ、自分自身の存在を意識する。

緊張は、成長の素。不可能なこと・余裕でできることははなから緊張などしない。成長できるチャレンジングなことだからこそ緊張する。

Fail faster, succeed sooner

失敗を恐れない。挑戦して、結果から学ぶ。挑戦なくして、失敗・成功もない。

悩み、不安、もがきは、人生と真剣に向き合っている証拠。他人の目は意識せずに、自己の確立と、自己成長に目を向ける。



キム氏は、社会貢献は自分の成長があってこそ、と言います。確かに、世のため人のためも大切ですが、自己のない奉仕は、極論を言えば奴隷とも捉えることが出来ます。
まずは、自分の成長を大事にし、その上で社会貢献していく考え方は、新しい気付きでした。

また、商談やプレゼン・会社の評価はすべて他者によるものであり、そのことに一喜一憂するのではなく、自分でコントロールできること、つまり目の前の仕事に全力を傾け、そこからどれだけ成長したかにフォーカスを当てることがだ大切だ、という考え方も勉強になりました。


2日間で、2回も読み返すほどの良書でした。


JUGEMテーマ:読書
 
tak-bon * * 23:36 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

人生を絶対に後悔しない「やりたいこと」が見つかる3つの習慣

習慣化コンサルタントの古川武士氏の
『人勢を絶対に後悔しない「やりたいこと」が見つかる3つの習慣』を読みました。正確には2回目です。



要点を簡単に整理すると、

習慣1:発見する
・過去の自分の経験からBESTだった体験をピックアップ
・自分欲求と他人欲求に分けて、自分の欲求地図を描く。
・欲求地図を参考に、日常、生活、人生レベルのWANTを洗い出す。

習慣2:行動する
・時間をねん出する。スキマ時間の活用、無駄な時間を見直す。
・心のブレーキを外す。MUSTを減らし、CAN'Tを解消しWORRYを軽く、DON'Tを調整する。
・行動する力をつける。お試しで一歩踏み出す。体験してみる。

習慣3:直感に従う。直感スイッチ
・瞑想:穏やかな無の時間を作り出す
・運動:直感を湧きださせる
・一人旅:自分を直視する、自分と向き合う
・妄想:疑似体験で感じる、味わう
・会話:新しい気付きを得る
・非日常:深く自分と付き合う


ということで、早速実践してみました。といっても「自分の欲求地図」までです。



浮かび上がってきた自分の欲求地図は、

”自分の努力、達成、成長が、人に勇気と意欲を与え成長させること”

ということのようです。
自分の成長をエンジンにやる気が湧き、そのことが人に勇気を与えその人も元気に成長してくれるような環境に憧れているようです。


これって、アスリートでは・・・?

と最初は思ってしまいました。うーん。現実とは程遠い。
スポーツ以外で自己鍛錬とそれが人を勇気づけるような役割と言えば、、、
専門分野を探求し、人に教え成長させる・・・

大学教授かトレーナー?

人を成長させることに軸足を置くなら、先生かトレーナ、コーチあたり。
自己の成長に軸を置くなら、専門分野のエキスパート。
といったあたりでしょうか。


どちらも自分にとって興味深いものです。悪くはありません。
頭に入れて、人生の宝探しを続けたいと思います。


JUGEMテーマ:読書

tak-bon * * 05:59 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

[本]「人生を楽しむ」ための30法則 小林正観

評価:
小林 正観
講談社
¥ 1,500
(2008-08-28)
Amazonランキング: 133099位

スピリチャルな部分があってちょっと引くところもありますが、肩の力を抜いて現実を笑顔で受け入れることの大切さを教えてくれました。

  • 「幸せ」というものは、自分の心の中に存在するもの。モノや他人から与えられるものではない。
  • 幸福という現象はない。不幸という現象もない。あるのはそう思う心だけ。
  • 何が正しいかよりも、自分がどう生きるかに焦点を当てる
  • 許すものは許される。温かく接すれば、笑顔が返ってくる
  • 喜ばれる存在になること、これが我々の人生のテーマ
  • ”自分探し”は見方を変えると、現在の自分の否定・現実逃避。目の前のことに専念する
  • 幸せを呼ぶ7つの神の言葉:うれしい、楽しい、幸せ、大好き、愛している、ありがとう、ついてる
  • まずは、身近のことに感謝。健康な身体、毎日の食事、家族の存在、働く場、etc
  • 思うようにいかないときでも笑顔で受け入れる。「こういうこともあるもんだ」
  • 「無敵」を目指す。百戦錬磨で強いのではなく、誰とも戦わず、受け入れている人は敵がそもそもいない。
  • 自分が機嫌が良いと周りにも伝染する。逆もまたしかり。
    「人間の最大の罪は、不機嫌である」by ゲーテ
  • 「ありがとう」という言葉を心を込めずにでも2万5千回繰り返すと、涙が出てきて、その後は、心のこもった「ありがとう」しか出てこない

一喜一憂せずに様々な出来事・現象を、「あるのは心の捉え方だけ」と考え「そういうものだ」と受け入れることができれば、寛大で穏やかな人生となりそうです。

つらい時・悲しい時に読むと、心を楽にしてくれると思います。


著者の小林正観さんは、2011年10月12日に永眠されたそうです。62歳という短い寿命でしたが、本書にあるように、多くの方々から笑顔で見送られ「楽しくて幸せな人生だった」と旅立たれたことでしょう。

ご冥福をお祈ります。


「人生を楽しむ」ための30法則 [単行本(ソフトカバー)]


JUGEMテーマ:読書

tak-bon * * 05:22 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

[本]パーソナル・プラットフォーム戦略 平野敦士カール

NTTドコモにて「おサイフケータイ」を普及させ、現在は大前研一学長のビジネス・ブレークスルー大学の教授も務める平野氏は、企業のプラットフォーム戦略について著書を書いており、その個人版ともいえる本書です。

個人的には、SNS等のソーシャルメディアを活用して周囲に場を提供できる器でもないので、そのあたりの記述は流し読みでしたが、周囲の巻き込み方や、場をどのように維持管理していくのかというマネジメントについて参考になるところもありました。
技術云々よりも、考え方、ふるまい方、心構えの部分が心に残りました。

  • 自分の才能・能力・ノウハウを武器にして、どんな時代になっても何があっても稼いでいける人を目指す
  • 「自分はこうしたい!」というはっきりしたビジョンを持つ
  • 自信を持って、勇気をもって行動する
  • 自分という会社がうまくいくには、「実務経験に基づくノウハウ」「ブランド」「人脈」が必要。勉強会や出版、ソーシャルメディア(メルマガ、ブログ、Twitter等)の活用
  • 自分が知らせたいことではなく、他の人が欲しいものや知りたいことにフォーカスを当てる。世の中に必要とされていないアイデアは、単なる自己満足。
    →人々の「不満」や「不便」を探す
  • 人とつながるには、「ランチ」が一番。
  • 「謙虚さ」「感謝」「素直さ」を心がける。
  • 自分が他人に話ができるものを、書き出す。意外と、他業界の人に提供できるノウハウがあるもの。
  • 将来を保証するのは自分の稼ぐ力のみ。常に学び続けることが大切。
  • 自分自身の価値を算出する。
    これまでの実績。〜をやり遂げた。〜を5年間続けている。〜が得意。
  • 2つ以上の強みを見つけ(開発)し、自分のブランドを作り上げる。その中で誰にでも負けない得意分野を持つ。
  • 得意分野が見つからない?それなら、まず目の前の仕事を一生懸命やって得意にすればよい。
  • ロールモデルがいない?それは嫌なところに目を向けているから。必ず「この人のここはすごい」という点が見つかる。目を養うべき。
  • 常に成長し、社会から必要とされるようになることが一番価値ある人生。
  • 多くの人を助ける人は、それだけ多くの人から助けられるようになる。”自分のため”から”周りの人のため”へ。

 
JUGEMテーマ:読書
評価:
平野敦士カール
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,050
(2011-11-16)
Amazonランキング: 5040位

tak-bon * * 05:22 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

[本]3週間続ければ一生が変わる ロビン・S・シャーマ(2)

前回からの続きです。

ポジティブ思考:「弱気な自分」から一歩前に出る自分へ

  • 日誌をつける
    出来たことではなく、評価や学び(日記ではない)
  • 懸念事項や問題点は、すべて書き出す---- GTD
  • どういう人になりたいのか、リスペクトする人を並べてみる。
    小泉純一郎氏のような周りを引き込むリーダーシップ
    稲盛和夫氏のような温かい心
    大前健一氏のような幅広い知見と推察力
    ○○氏のような行動力
    ××氏のような自信の深さ
    父親のようなポジティブ思考
    エディーヴァンヘイレン氏のようなギタープレーヤ
  • 人生は選択・決断の繰り返し。原因と結果の法則。正しい結果は正しい心構え、行為から。
  • 偉大な本を読む
    『自省録』マルクス・アウレリウス
    『ベンジャミン・フランクリン自伝』
    『人生の短さについて』セネカ
    『自分を動かす』マクスウェル・マルツ
    『「原因」と「結果」の法則』ジェームズ・アレン
    『フロー体験』ミハリ・チクセントミハイ
    『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル
    『「成功おじさん」の最優先ルール』チャーリー・トレメンダス・ジョーンズ
  • テーマ別に、心を奮い立たせるお気に入りの言葉を集める。

リスペクトする人を並べるは、書きながら考えてみました。周りにロールモデルがいないと漠然と思っていましたが、改まって冷静に考えてみると、身近にも学べる機会は多いと思いました。




自己表現:「不満・くすぶり」から能力開花へ

  • 強みを磨く
    自分のコアの能力・資質をじっくりと時間をとって見つめ・考え、特定したらそれらを伸ばすことに注力し、自分の価値を高める
  • 人生の大半を仕事をして過ごす。仕事を楽しむべし。
  • 人の貢献に照準を合わせる。
    自分の力・能力を付加価値として相手のために使う。
  • 常に自己新記録を目指す
  • なりたいような人のふりをする
  • 「6次の隔たり」で世の中とつながる。正しい6人を探す。
  • 自分の目標:MyGoalを毎日読み返す

自分の持っている力・能力を他人への貢献に向けて見つめるという視点は、大切だと思います。見返りを求めない誠意ある貢献、一歩踏み込んで相手に尽くすことを心がけたいと思います。


参考)[本]3週間続ければ一生が変わる ロビン・S・シャーマ(1)
参考)[本]3週間続ければ一生が変わる ロビン・S・シャーマ(3)

JUGEMテーマ:読書
評価:
ロビン シャーマ
海竜社
¥ 1,680
(2006-02)
Amazonランキング: 22883位

tak-bon * * 14:56 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

[本]3週間続ければ一生が変わる ロビン・S・シャーマ(1)

この本に限らず、ロビン・S・シャーマ氏の書籍はとても前向きになれる言葉を与えてくれるのでお気に入りの著者の一人です。

気に入った部分を自分なりにアレンジも加えてまとめておこうと思います。



行動力:「できない自分」から行動型人間へ

  • 今の仕事に打ち込んで、得意なこと・好きなことに集中する。そこから天職が導かれる。まずは目の前に全力で取り組むところから。
  • 先ず隗より始めよ
  • 21日間続ける。
  • 「はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる」ジョン・トライデン
  • 人は考えた通りの自分になる
  • 「困難だから、やろうとしないのではなく、やろうとしないから困難なのだ」セネカ
  • より高い目標が自分を引き上げてくれる
  • 目標と計画は、日々の雑念・不安を取り除き、目指す道を示してくれる。
  • ピンチはチャンス!
  • Welcome 壁!
  • 運は勇気ある者にしかやってこない。行動しなかった後悔よりも、行動して学べる教訓の方が自分を高めてくれる。
  • 「おまえが生まれて、まわりの人たちが喜んでくれているあいだ、おまえはずっと泣きっぱなしだったのだ。おまえが喜んで天国へ行くとき、まわりの人たちが泣いてくれるような人生を送りなさい」

一歩を踏み出す難しさは誰でも同じですが、ポジティブな思考でやる気を引き立たせるためのアイデアを示してくれます。
仕事でも家事でも何でも、前向きに取り組むところから始まります。
態度は自分で選ぶもの。




時間管理:「時間のムダづかい」から有効活用へ

  • 早起きしてできた朝時間で魅力的な自分づくり。時間と努力と忍耐で生活を変えれば、自分=人生も変わる
  • 先ず隗より始めよ
  • 朝の英知本で、意欲的な一日をスタート
    『自省録』マルクス・アウレリウス
    『ベンジャミン・フランクリン自伝』
    『森の生活』ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
    など
  • 瞑想で自分の深層心理と会話し、心の安らぎと落ち着きを
    瞑想で栄養補給
  • 価値あることに集中する。あれこれ手を出さない。
    「まったくするべきではないことを能率的にする。これほどむだなことはない」ピーター・ドラッカー
  • 毎週どこかで安息を。
    日曜日の早朝は散歩
  • 心配事でくよくよするのは、その時にどっぷりとつかる。書き出す。
    終わったら、考えない。楽しいことをしてリフレッシュ

小手先の時間術ではなく、日常をいかに生産的で精力的なものにするかという視点で、心の落ち着き・元気がわき出るような考え方を教えてくれます。


...続きます

参考)[本]3週間続ければ一生が変わる ロビン・S・シャーマ(2)
参考)[本]3週間続ければ一生が変わる ロビン・S・シャーマ(3)

JUGEMテーマ:読書
評価:
ロビン シャーマ
海竜社
¥ 1,680
(2006-02)
Amazonランキング: 22883位

tak-bon * * 05:25 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

[本]Insight2月号−ヤル気を高めて、最高の結果を手に入れる

JUGEMテーマ:読書
 
最高の結果を手に入れるためには、高いヤル気が必要。
ではヤル気を高めるには・・・?

ジグ・ジグラー氏とデニス・ウェイトリー氏によるヤル気を引き出してパフォーマンスを高めて結果につなげる手法が書かれており、参考になりました。
続きを読む >>
tak-bon * * 05:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

[本]虹の岬の喫茶店

評価:
森沢 明夫
幻冬舎
¥ 1,575
(2011-06)
Amazonランキング: 114031位

JUGEMテーマ:読書
 
心温まるお話集です。

第一話は、妻を亡くした父と娘のお話。病で天国に先だった妻のお葬式前後から話が始まります。読んでいると、妻のいない1つ1つのシーンがとても切なく読むのもつらいのですが、現実を受け止めて4歳の娘に接する父親の心と、無邪気ながらも現実を受け止めつつある娘のあどけない言葉、そして妻の後を追って虹を探しに行く二人の姿には心打たれます。
行き着いた岬カフェの店主のおばあさんがまたやさしくて、3人の会話を読み進めると、「苦しい時もあるけれど、それでも前を向いて生きていかなければならないんだ」と思い知らされます。

この話に出てくる女の子と同じくらいの歳の娘がいるのですが、読み終わった後、思わず抱きしめていました。家族を大事にしようと心から思いました。



全体を通して、人と人のつながり、恋愛、友情、そして愛することの大切さを教えてくれます。

この店のコーヒーはどれほどおいしいことなのだろうか、興味がそそります。

tak-bon * * 16:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

[本]大人の習い事 by Associe-2012.2

JUGEMテーマ:読書

仕事の基礎力を高める大人の習い事

自己を高めていこう、幅を広げていこうというビジネスパーソンを応援する企画です。

続きを読む >>
tak-bon * * 14:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ