<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『手取り額が減っている』 -日経ビジネスアソシエ2012.05 | main | WindowsUpdateが失敗する、SSLサイトが閲覧できない→ESETが原因 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

[本]百年法 −死があるからこそ生は輝く

評価:
山田 宗樹
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,890
(2012-07-28)
Amazonランキング: 13531位

新刊ラジオPodcastingで紹介されていた本。
フィクションストーリーですが、「生きる」ということを考えさせられる本です。

よく練りこまれた綿密で繊細なストーリーからすると、最後の最後の最後は、話がすっ飛んで行ってしまったのが残念です。ま、大勢がついてしまった後なので仕方がないのかもしれませんが。

不老を手に入れてしまった架空の日本を舞台にした物語で、その中に登場する人物の苦悩や葛藤、そしてエゴや正義感がリアルに描かれており、惹きこまれ
一気に読み進めてしまう一冊です。
死があるからこそ生が輝く。
人間はいつかは死ぬ。
だから目の前の一生懸命に生きることが大切。


使い古された言葉ですが、読みながら、そして読み終わった後も、考えてしまいました。
良い本です。


JUGEMテーマ:読書
tak-bon * - * 23:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:21 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ