<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< モーニング・ページを再開 | main | 警察による痴漢目撃情報募集 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

[本]幸福優位7つの法則 ショーン・エイカー

原題は「The Happiness Advantage」。
「幸福優位」という日本語は、ハッピーな印象が欠けてしまう感がありますが、繰り返し読みたい良い本です。

著者およびその他多くの人の膨大な研究結果によると、
「成功したら幸せになれる」

ではなく、
「幸せが成功を運んでくる」

ということのようです。

「成功したら、地位・名誉・財産が築けて幸せだー」と思うのが多くの人の考えかと思いますが、それをこの本では完全にひっくり返しました。


それでは、なぜ幸せ→成功なのか?


それは、7つの法則の1つ目「ハピネス・アドバンテージ」に詳しく書かれています。
簡単に紹介すると、
幸せとは成し遂げた結果ではなく、自分の可能性を信じて追求し、努力しているときに感じる喜び

なのだそうです。確かに、何かに夢中になる、チャレンジするということは気分が高揚し、充実感があります。達成感は成し遂げた後に感じるものですが、それは苦難を努力で乗り越えたからこそと考えられそうです。

結果よりもプロセスの方が大事。

日々の仕事では、「結果」の成果が求められますが、「プロセス」もきちんと評価されるべきと思います。


他の6つの法則についても備忘録がてら触れておきます。
法則2 心のレバレッジ
 視点を変え、可能性を信じる
法則3 テトリス効果
 ポジティブ思考。3つの良かったことを毎日振り返る。
法則4 再起力
 挫折=成長の機会
法則5 ゾロ・サークル
 小さく始める
法則6 20秒ルール
 さっと始められる環境をつくり、習慣にする。逆に避けたいものは、面倒にする
法則7 ソーシャルへの投資
 パートナー・仲間を大切にする

最後に。帯より
「自分は幸せだ」と思える人ほど、よい結果を生んでいる

起きた事柄は変えられません。できることは、受け止め方を変えること。そういう考えがポジティブ思考を生み出し、苦難を乗り越える力にもなる、という考え方がとても参考になりました。


JUGEMテーマ:読書
 
tak-bon * * 06:08 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 06:08 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ